円卓(ドーナツ)のアヴァロン

 

少人数なら、人狼よりアヴァロンの方が面白い・・・

そう聞いたのは、スイーツ人狼後の懇親会でのことでした。
「人狼と同じ正体隠匿系」
「ゲームが終わるまで全員参加で進行」
「進行役もゲームに混ざれる」
「むしろ人狼よりも好きかも」

と、興味をそそられる言葉が盛りだくさん。
もちろん周りで話しているのは人狼をプレイしにきたメンバーなわけですから、アヴァロンを知らない方々も皆興味津々。
企画立てたら参加するかを聞いたところ、やりたいという声がそれなりに集まり、それならばということでこのアヴァロン会が立ち上げられました。

 

レジスタンス:アヴァロンのルール

 

あらすじ
聖槍により呪われた傷を負ってしまった漁夫王。
彼を癒すための「聖杯」を求め、円卓の騎士をはじめとしたアーサー王の家来たちは、アーサー王の命により聖杯探索の旅に出ました。
しかし、アーサー王と敵対するモードレッドはその事実を知るや、自らの手下を一行に潜り込ませ、探索の邪魔を企てます。
あなたは一行の中の一人となり、アーサー王(正義)側であれば探索の成功、モードレッド(邪悪)側なら探索の失敗を自らの使命とし、その遂行を目指します。

ゲームの進行
クエストと呼ばれる聖杯探索任務を3回成功させれば正義側の勝ち。
逆に3回失敗させれば邪悪側の勝ちです。
1回のクエストごとに話し合いによって探索チームの編成決めを行いますが、その編成の中に邪悪側が含まれていれば、クエストが失敗する可能性があります。
正義側は邪悪が誰なのかを見極め、探索メンバーに含めないように動きます。
邪悪側は自分の正体を悟られず、いかに探索メンバーに加えてもらえるようにするかがポイントです。

 

人狼と大きく異なる3つのポイント

 

・ゲーム中に退場することがない
人狼では処刑や襲撃により、話し合いの場から外れるといったことが出てきますが、アヴァロンでは勝敗が決する最後のクエストまでずっと居続けることになります。

・話し合いはシームレス
人狼では、夜のターンに話し合うことはできません。
反面、アヴァロンでは常に話し合いの場は開放されています。
クエストの移行、クエストへの参加メンバーの決定、クエストの成功・失敗の判定など、すべてがシームレスで進行します。
その間は常に正体を見破るべく目を光らせることができます。

・勝敗のカギを握る「マーリン」の存在
人狼の「予言者」の立ち位置にいるマーリンというキャラクター。
このマーリン、邪悪側のメンバーを最初からすべて知ることができるという、非常に強力な能力を持っています。
しかし、邪悪側に正体を特定されてしまうと、なんと最後の最後で大逆転負けをしてしまうのです。
マーリンの存在は、レジスタンス:アヴァロンのゲームを盛り上げる柱となることでしょう。

 

レジスタンス:アヴァロンのキャラクター(役職)

 

探索を行う一行の中には、特殊な能力を持ったキャラクターも登場します。
人狼の役職のようなもので、キャラクターの編成によりゲームの進行は変わってきます。

ここでは、レジスタンス:アヴァロンに登場するキャラクターを紹介します。

☆マーリン(※)
正義サイド。あらかじめ邪悪側(モードレッドを除く)を知っている。
ただし正義側勝利時、邪悪側に正体を見破られてしまうと逆転負けしてしまう。
本ゲームのカギを握るキャラクター。

☆パーシヴァル
正義サイド。あらかじめマーリンが誰かを知っている。
ただしモルガナがいる場合、どちらがマーリンかの判別はつかなくなる。

☆善のランスロット
正義サイド。クエストが進行するにつれ、心変わりして邪悪側につく可能性がある。

☆アーサーの忠実なる家来(※)
正義サイド。特に能力は持っていない。
マーリンを見破られないようにしつつ、正義側の勝利を目指す。

★暗殺者(※)
邪悪サイド。正義側勝利時、マーリンが誰かを指名し、当てることができれば逆転勝利できる。
(当てる前に、邪悪側の間で相談は自由に行ってかまわない)

★モードレッド
邪悪サイド。唯一、マーリンが正体を知らない邪悪。
(邪悪側同士ではお互いを把握している)

★モルガナ
邪悪サイド。自らをマーリンに見せかけることができる。
パーシヴァルがいる場合にのみ、その真価を発揮する。

★オベロン
邪悪サイド。しかし、邪悪側の仲間が誰かもわからないし、邪悪側からも正体はわからない。
マーリンのみが邪悪側だということを把握できる。
(オベロンだということまでは特定できない)

★悪のランスロット
邪悪サイド。クエストが進行するにつれ、心変わりして正義側につく可能性がある。

★モードレッドの手下
邪悪サイド。特別な能力は持たない。
マーリンが誰かを探りつつ、邪悪側の勝利を目指す。

☆=正義サイド ★=邪悪サイド
特殊キャラクターはゲームごとに変更する可能性があります。
※印のキャラクターは必ず入っています

 

もれなくドーナツを差し上げます

人狼ではスイーツがもらえるのに、レジスタンス:アヴァロンでは何ももらえないの?
そんな声にお応えして、当イベントでは円卓の騎士になぞらえて、まぁるいドーナツを用意しました。
こちらはゲームの勝敗に関わらず、ご参加の際にはもれなく差し上げます☆

 

はじめてでも安心のルール説明つき

レジスタンス:アヴァロンをやったことがない。
でも興味があってやってみたい、というあなた!

どうぞご安心ください。

開始時には一からルール説明を行いますから、
まったくの初心者でも全然大丈夫です。
一緒にゲームを楽しみましょう!

※経験者のみが集まった場合は省略する可能性もございます

 

選べる昼夜二部制

参加される際には、あなたの予定に合わせて時間を選ぶことができます。
ちょっとだけやってみたい、または昼夜いずれかに予定がある場合は第一部・第二部どちらか片方のみでも。
たっぷり楽しみたいなら、通しでの参加がおすすめです。

また、1ゲーム単位で区切りがありますので、遅刻や早退の際にもその時点でのゲームへ参加・退出が可能です。

 

お申し込みは下記から

ここまで読み進めてきたあなた。
もう参加するしかありませんね(笑)
一人だと心細いようでしたら、ぜひお友達もお誘いください。

レジスタンス:アヴァロンを楽しめる場所が、すぐそこであなたを待っていますよ。

 

日程 2015年 7月12日(日)
第一部13:30~16:30 第二部18:00~21:00
(受付開始は各部開始15分前より)
場所 赤城生涯学習館 講習室(第一部) 視聴覚室(第二部)
※東京メトロ東西線 神楽坂駅より徒歩3分
参加費 各部 ¥1,000 両方通し ¥2,000
※各部1drink、ドーナツ付。当日受付にてご精算いただきます。
お申込み方法 以下申込みフォームに必要事項ご記入の上、ご送信ください。
定員 各部 10名
※定員に達し次第、キャンセル待ちとなります。
※空きがあれば、当日飛び込みでのご参加も対応いたします。
備考欄 第二部終了後に懇親会があります。こちらは参加自由です。
[主催] Sound Emotion

当イベントは終了いたしました。次回の開催は未定です。